第385回

日付:  2月4日(木)
時刻:  19時30分~21時30分
天気:  曇り
気温:  7.5℃
人数:  19人
内容: いやいや、あっという間に2月に入りましたな!異常な寒さの年越しを向かえたのが、既に1ヶ月前なんて信じられないくらいです。年末年始の異常な冷え込みを経験したせいか、最近は「春近いんじゃね?」と思ってしまうくらい温かく感じます。が、しか~し、まだ2月なんですよね。年末年始のように「-7℃だ~」、「-9℃だ~」とまでは下がらないと思いますが、まだまだ冬本番ですので、風邪などには気をつけて球蹴りを楽しみましょう!

という事で、本日の参加者「19名」!Net観て初参加をして下さった方も1名居られました。恒例となっている年齢順でチーム分けを行い、「5名×3チーム」+「4名×1チーム」の4チーム編成!先週は5チームとなってしまい、「少しプレー時間が足りないかなぁ~」と思われた方もいらっしゃったかと思いますが、本日は丁度良い時間配分で楽しんで頂けたのはないでしょうか?最近参加者の方々から「モクサルのプレーレベル上がりましたね!」と言われる事が多いです!でも初参加、初心者の方も楽しくプレーして頂けてるのも現実です。「プレーレベルが上がった」と感じるのは、いくつか理由があると思いますが、 一番大きい理由は、「継続的に参加して下さってる方々の、レベルが上がった事」だと思います。もちろん初参加される方が経験者で、その方が常連さんになって下さっているからと言うのもあると思います。しかしそういった方の影響は局地的には感じるでしょうが、モクサル参加者全体のイメージとしては薄いと思います。全体のレベルが上がった・・・と感じるのであれば、それはやはり常連さんの方々が向上されている証拠だと思います。それについては間違いないと確信してますので、
「何年もプレーしてないし・・・」とか、「全く初心者だし・・・」とか、「経験者とプレーするのは・・・」とか、 全く考える必要はありません!!!参加者の皆さんは「楽しむ事」「一生懸命プレーする事」「人の繋がりを増やしたい」など、多様な思いで参加されてますので、「どうしようかなぁ~」と思っている方は、是非一度参加して体験してみてください! 新たな楽しみが増えると思いますよ!!!

いよいよ中国は春節(旧正月)の到来間近(今年は2月12日)となって参りました! コロナ禍の影響もあり、帰省(移動)をガマンする中国人の方々もいらっしゃいますが、「2月11日~17日」が国定休日となっておりますので、「2月11日」のモクサルはお休みとさせて頂きます。「2月18日」からは通常通り開催しますので、ご参加をお待ちしております!!!

補足: 隣接する新鮮館の閉店時間が早いままです。飲料水を持ってくるのを忘れた方は早めに購入しておきましょう。モクサル時間中の飲料水の貸し借りや回し飲みは感染のもとです。
クラスター対策にご協力ください。また直近に於いては、中国国内での感染再拡大も広がっております。上海市内での防疫体制も厳しくなっておりますので、ご注意の上モクサルをお楽しみ下さい!

太陽広場コートは居住地の中にあります。日本で言えば閑静な住宅街のど真ん中にフットサルコートがあるようなものです。利用に際しては公序良俗を守り、近隣住人や管理会社との無益な紛争を起こさないように気を付けたいものです。ご協力をお願い致します。

球蹴りis my life!
MOKSAL to The World!!

(お知らせ)

◎ 久々にMOKSALユニをまとめて作る企画発表! ほしい方は事務局員っぽい人にお声かけください~!
◎ MOKSAL T&Tプロジェクト事務局員募集!
◎ 集まれMOKSAL GIRL! 女性参加者(気持だけ)優遇!
◎ MOKSALブログ ⇒ http://moksal.world/ <http://moksal.c-futsal.com/ >
◎ MOKSAL annexの遠い記憶 ⇒ https://plaza.rakuten.co.jp/xingqi2/
<https://plaza.rakuten.co.jp/xingqi2/ >
◎ MOKSALへのお問い合わせはこちらまで ⇒ info@moksal.world

[好評発売中] 2019年秋よロンヨンブランドからロンヨンの新ブランド ACUORE
デザインに変更
※ MOKSALユニ2017年版 210元(ご希望ネームおよびサイズに対応、背番号は空き番からご案内)
※ MOKSALパンツ    100元
※ MOKSALポロ      210元

—————————–

[写真] ※敬称省略 左から右へ 
後列 :  景山、 田中、乔、早崎、上平、黒川、虞、山根、隠れ須藤、河村(初)
前列 : 為ヶ谷、 石塚、浦山、 岡村、  金、 釜澤、 服部、     大谷

撮影者:座間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です