第9回 F-ASIA フットサル大会(バンコク)

上段:須藤 座間 西尾 林 MATT 小泉
下段:清水 早崎 矢野 中野 森本 瀬尾 (継承省略)

今年はこの12名でバンコクへ乗り込んだ!

今年も24チーム

恐らく300名近い

毎度の予選5試合(4ポッド分け の各ポッド6team)、勝ち点を競い、上位2チームが決勝上位トーナメント、以下、中位、下位で順位決めを行うのは周知のとおり。

昨年は予選リーグ、および決勝Tを通じて1勝しかしなかった我がモクサルチームだった。今年は?!

なんとか2勝で来た(笑) 予選を1勝2敗2分けの4位通過で中位Tへ

立ち上がりから1敗、その後の2戦目でまーさーかーのー事態発生。 スケジュールフォローをしていた某環境大臣の進められるがまま、1試合を置いてゲームをすると、なぜか非常にやりやすい相手に大量得点で勝利! 終わった後、知らないチームの人間が入ってきて話しかけてくる、ほうほう我がチームの強さに関心したのかね。

?「あの、対戦されたチームはどちらですか?」 
私「えーっと、深圳かな」 
?「背中にチェンナイって書いてませんか?」
私「えー?! 書いてますね、人の名前じゃないですか?」

この違和感、どうもゲームの相手を間違えて、下位Tの相手と戦ってしまったらしい。環境大臣、痛恨n失敗ながら、審判も運営も、相手も、もちろん我々もまーったく気にせずゲームをしちゃったわけだ。 そりゃ、相手が下位なら、点も取れるってもんさ。

結局、このゲームはうちの自動敗退に決まり、本来戦う相手と戦えなかった相手とがフレンドリーマッチを行い、下位リーグの方はPKを行って勝ち負けを決定。 

うーん、去年の勝ち数を越えられるのか?!

こうして迎えた最終戦、実力の拮抗する相手から、からくも勝ち切り、去年の記録を1勝上回り、また総合結果でも去年より一つだけ順位が上の15位でフィニッシュ~!

楽しかった一日も、いや一年も、もう間もなく終わる。背中が、もとい後ろ頭が寂しげな環境大臣。

もちろん、あの責任を取って、大舞台で白酒を一気飲みで男気を披露~(笑)

今年も楽しかったわ、また会おう!

大きな顔で映ってる あ ・ な ・ た  来年は上海で出るんだよね!

そして今年は初の試み、人工芝から天然芝へと向かう。

スコア?! もうね、今年ワーストワンを記録~ こんなところで記録を出さなくていいっちゅうねん。

来年へと続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です